猫のケージ飼いは一時的な手段!ストレスを軽減させる使い方

みなさんは、飼い猫ちゃんは放し飼い派ですか?
ケージに入れておく派ですか?

わたしの家の猫ちゃんたちは、放してたり、
ケージに入れたり

時と場合によって使い分けています。

猫は自由な生き物なのに、ケージで飼うなんてかわいそう!という意見の方が
ほとんどだと思いますが、猫ちゃんをケージに入れることで、
どのようなメリット・デメリットがあるのかを調べてみました。

メリット

・子猫のしつけや安全の確保ができる

・家族の留守中にいたずらをすることを防げる

・災害などの緊急時に役に立つ

・つまみ食いなどの防止につながる

・パニック時の避難場所になる

・引っ越しをしてもストレスが少ない

・警戒することなく、安心できるスペースになる

デメリット

・ストレスがたまる・運動不足になる

・体(骨)が弱くなる

・運動不足のため肥満になる傾向がある

・狭いところに閉じ込めることにより、健康を害する

など、一見メリットが多いようにも思いますが、
実際は、緊急時や旅行時などの一時的な手段としてです。

長時間ケージに入れっぱなしにしておくことは
猫ちゃんの健康に支障をきたす可能性が十分にあります。

遊びが好きな猫ちゃんにとって、狭いケージの中で暮らすことは、ストレスでしかないのです。

それでも、トイレの場所を覚えなかったり、壁で爪とぎをしたり、いたずらが多くて放し飼いでは手が付けられないようなら、ゲージで飼うのは仕方がないですよね。

その場合は、ゲージは猫ちゃんのお部屋になるので、少しでも過ごしやすくしてあげるために、できるだけ広く、高さのあるものを用意してあげましょう。

猫は上がったり下りたりの上下運動をしないとストレスが溜まる生き物で、
高いところにジャンプしてそこから下を眺めているだけでもストレスが緩和されます。

1階にはトイレ、2階は遊ぶ場所、3階は寝る場所
というように階によって分けてあげると、猫もストレスを感じにくいようです。

猫は綺麗好きなので、トイレは必ず清潔感のあるものにし、ゲージの中にいるとなかなかトイレとの距離がとれないので、定期的にきれいにしてあげるなどを心がけましょう。

他にも猫が遊びやすいように、お気に入りの遊び道具を入れてあげるなど、猫がゲージの中にいることにストレスを感じないように努めてあげましょう。

飼い主さんが自宅にいる間など、時間があるときは猫ちゃんをゲージからだしてあげるようにしていっぱい遊んで、いっぱい楽しませてあげてストレスを発散させてあげましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする