【猫】スフィンクスって?世にも珍しい無毛の猫種

管理人 Jun7 です。

猫といえば、ふわふわの毛に長いヒゲのかわいらしい見た目が特徴ですよね。

ところがそれとは逆の特徴を持った無毛の猫がいるのをご存知ですか?

それがこのスフィンクスです。

名前を決める際に、猫の座り方がエジプトのスフィンクス像に見えたことから、スフィンクスという名前が付けられました。

歴史

メキシコの古い遺跡から無毛の猫をかたどった彫刻が見つかっており、
突然変異による毛のない猫は大昔から世界各地で生まれてきたようです。

スフィンクスの元になっている無毛の猫は1966年にカナダのトロントで生まれたプルーンという名の猫でしたが、この猫の血統は途絶えてしまいました。

現在のスフィンクスの本当の意味での先祖は、1970年代に見つかった、アメリカのミネソタ州で産まれた子猫と、トロントで拾われた子猫だと言われています。

無毛猫は奇形ではなく、自然発生する突然変異で、劣性遺伝子により発現することがわかっています。

かつては「カナディアン・ヘアレス」とも呼ばれていたそうです。

特徴

実は完全に無毛ではなく、よく見ると桃の表面のようにうっすらと産毛が生えています。

手足の先や耳の先など、体の所々にわずかに毛が生えている個体もいます。

皮膚には大きなしわが寄っており、しわが多いほど良いとされています。

他の猫種では被毛にでる毛色がスフィンクスの場合は皮膚に現れるので
皮膚に色素がついていることがあります。

大きな耳にレモン型の目、額は広く平らです。

体重は3.5kg~7kg程度とされています。

独特のしっとりとしたなめらかな手触りで、ほかの猫種よりも体が温かいです。

皮脂腺があり汗をかくので、定期的に濡れたタオルで体を拭くなどのお手入れが必要です。

体格は、筋肉質なセミフォーリンタイプです。

性格

スフィンクスは、眉間のしわのせいか、一見、神経質で物静かに思われますが、
実はそんな印象とは異なり、元気で遊びが好きな、好奇心旺盛な猫です。

明るい性格で、いたずら好きな
お茶目な一面もあります。

運動量も多いので沢山遊んであげるといいでしょう。

人間が好きで、気を引きたいんだろうなというのがよくわかる猫です。

人見知りなどもなく、ほかのペットともうまく付き合っていけるので、多頭飼いに向いていますが、毛がない分、
ほかのペットとの喧嘩による外傷などに注意が必要です。

とても利口で賢いので、スフィンクスを飼うにあたっての飼育の注意点や、お手入れ方法を理解しておけば、初心者でも飼いやすいと思います。

欧米では、「スフィンクスは猿と犬と猫でできている」と言われることがあるほど猫らしくない面があるようです。

猫に見た目の可愛さを求める人には、あまり向いていない猫ですが、変わった猫が好きな方や、ユーモラスな性格に惹かれる人などには、とてもおすすめの猫です。

映画「E.T.」のあの奇妙な生物のモデルになったのは
スフィンクスではないかともいわれています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする