猫がお風呂を嫌う理由!そもそも入れる必要はない?

管理人 Jun7 です。

猫を飼っている人なら誰でも猫をお風呂に入れる大変さがわかりますよね。

どうしても猫ちゃんをお風呂に入れてあげたいけど、
猫はお風呂を嫌がるって聞くし、慣れてもらうためにも
子猫のうちからお風呂に入る習慣をつけてあげよう!と
考えてしまう方も中にはいるかもしれませんが、子猫は成長途中で皮膚も弱いので、水に濡れることが子猫にとっての大きな負担となり、様々な危険が伴ってしまいます


そもそも猫が水を嫌がる理由は、祖先にあります。
砂漠で暮らしていたヤマネコを祖先とする猫は
水に濡れることを非常に嫌います。

では猫にお風呂は必要なのか?というと、
実はほとんど必要ないのです。


猫の毛は犬とは違い
油分があまり含まれていません。

猫は水そのものが少ない砂漠などの乾燥地帯で生まれ育った動物なので、体に水が適さないのです。

猫の皮膚はシャンプーなどに弱く、お風呂でゴシゴシと洗い流すことで皮膚から油分が落ちていってしまうのです。

その結果、毛が抜けたり皮膚病を発症したりと
無駄にシャンプーをすることで、最終的に
猫が苦しめてしまうことになるかもしれません。

野良猫は外で生活しているので汚れも体に付着していますが、家で飼ってる飼い猫ちゃんの体を触るとさらさらとしていませんか?

さらさらしているということは、体が汚れていないということですよね。


そんな洗う必要のない綺麗な体をお風呂で洗うことは、
猫の健康に悪影響を与えるだけにしかなりません。
お風呂を出た後も、タオルで拭くだけでは乾かないし、完全に乾くまでドライヤーの風に耐え続けられる猫はなかなかいません。

ドライヤーで乾かすのはかわいそうだからといって
十分に乾かさずに放置してしまうと体を冷やしてしまうので、
猫が風邪をひいてしまわないように、完全に毛が乾くまで充分に温めてあげましょう。

そもそも猫は体が柔らかいので、頭の後ろ以外は
自分で舐めることによって掃除をしています。
その行為をグルーミングと呼ぶのですが、
グルーミングをすることで、体についた小さなゴミや
抜け毛を取って、自分で自分を清潔に保っている
のです。

そのため短毛種の猫などは特に、死ぬまで一度もお風呂に入らなくても何も困らないのです。


また猫はグルーミングで毛並みを整えているので
その整えた体を水で濡らして台無しにされると、
猫の自尊心は傷つき、長時間の拘束でストレスも溜まってしまいます。

グルーミングは猫にとって精神を安定させる方法でもあるので、お風呂で綺麗にしたはずの体を出た後もずっと舐め続けるようであれば、それは猫がかなりのストレスを感じている証拠です。

わたしも猫をお風呂に入れる必要がないということを知らずに、今までに何度か
お風呂に入れてしまったことがありますが、確かに出た後は執拗に体をなめていたので
「ああ、かなりのストレスを与えてしまっていたんだなぁ」と申し訳なくなりました。

ですが猫をお風呂に入れる必要がある場合もあります。
遊びまわってとても汚れてしまったときなどはお風呂で洗う以外の方法はないですし、
ノミやダニがいる場合はグルーミングでもとることができないので、
ノミやダニを取る専用のシャンプーも検討したほうが良いかもしれません。

飼い猫ちゃんにはずっと綺麗でいてほしいものですが、
心配しなくても猫は自分で体を清潔に保っているので
お風呂に入れてあげようという猫に対する気遣いも、猫にとっては迷惑な話でしかないので、気をつけましょう。

嫌な水に何度もつけられることでストレスがたまり、
最悪の場合寿命が縮む原因となるかもしれません。

ごく稀に自らお風呂に入りたがる子もいますが、そういう子でも入れすぎるのは良くないし、そうでない場合は無理やりお風呂に入れるのはやめておいた方が良いですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする