猫の病院代。かかりやすい病気と費用のまとめ

わが家の可愛い猫が病気になったら!?

そんなこと考えたくもありませんが、愛する猫が家族にいるみなさんは
誰もが頭の片隅に常にあることだと思います。

人間とは違い、
猫は言葉で伝えることはできません。

また、非常に我慢強い動物なので
日常生活の中で、いつもと違う様子や表情、動きなど飼い主が観察してあげる
必要があります。

また、動物の医療費は高額なことも多く
治療費が高額すぎて泣く泣く治療を諦めたり、本当は高度な医療を適用してあげたいのにしてあげれない。。

なんていうことも多々あるそうです。

さて、それでは猫が病気になったら、どのくらいの医療費がかかるのでしょうか。

管理人も勉強のつもりで、あれこれ調べてみました。

【診察】

初診料 1,000円~2,000円
再診料 500円~1,000円
爪切り 500円~1,000円
肛門絞り 500円~1,500円
時間外診療 1,500円
指導・調剤・処方料 1,000円
手術費 7,000円~
入院費 2,500円~

【検査料】

レントゲン検査 3,000円~6,000円
皮膚検査 1,000円~2,000円
尿検査 500円~1,500円
心電図検査 3,000円~5,000円
血液検査 5,000円~6,000円
尿検査 1,500円
糞便検査 1,500円
細菌検査 2,500円
エコー検査 5,000円
細胞診検査 4,500円
病理組織検査 10,000円

【注射】

注射 1,500円~
皮下点滴 3,000円~
静脈点滴 4,000円~

【手術料】 猫に多い病気

去勢/去勢 10,000円~30,000円/20,000円~40,000円
風邪や下痢 5,000~10,000円
猫同士の喧嘩 100,000~500,000円
皮膚病 20,000円~30,000円
ヘルニア 30,000~40,000円
膵臓病 50,000~100,000円
胃腸の弱い猫によくある腎不全 100,000円~300,000円
腫瘍摘出 100,000~400,000円
骨折 8,000円~15,000円
尿管結石 300,000~800,000円

<入院に伴う治療費>

基本的に入院が必要になるのは、
手術をする場合
点滴(静脈からの24時間)をする場合
酸素吸入が必要な場合
重症の場合
複数回の検査や処置が必要な場合
などです。

病気にもよりますが、点滴入院となれば
1日、8,000~10,000円程度は必要になることが多いです。

猫に多い尿結石
尿道閉塞や急性腎不全を起こしていれば、
1日当たり10,000~15,000円程度かかります。

糖尿病などでは、血糖値の検査も複数回必要になります。

状況によってはインスリン注射、点滴も必要であれば、やはり1日あたりでゆうに10,000円は超えると思われます。

ですから、基本的に入院治療となった場合、
1日10,000円は覚悟する必要があり、検査や治療によってはさらにかかります。

また、重症の場合やICU入院などになれば、
1日15,000~20,000円程度は見ておく必要があります。

手術などの場合も手術費用と入院費用は別計算になりますので
手術代+退院までの入院治療費となります。
(すべてを合わせたおおまかな費用を知らせてくれることもあります。)

我が家の猫の頭数は5匹。
いかがでしたか??

万が一2匹が同じ病気になり、
もう1匹は別の病気になる。

そんなこと、絶対ないとは言えません。

上記の価格を見ていたら、高額では80万円もの手術費用がかかる場合も。

万が一の時に2〜3匹病気が重なったことを考えると、やはり保険に入るべきだと
実感しました。

実際、管理人はまだ猫の保険は検討中です。

まだまだ保険適用が難しくない時期にせっかくなので
色々な会社のプランや保障を勉強しておこうと思っているところなんです。

大切な家族。

わが子とも、姉妹兄弟とも、
親とも同じぐらい大切な猫たちが
健康でいてくれることが一番の願い。

できるだけ病気をしないような日々の生活を心がけることはもちろん
万が一の備えや知識は持っているに越したことがありません!

ぜひ参考にしてみてくださいね。

管理人自身もググりまくってたくさん勉強になりました。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする