猫の性格は毛色でわかる!自分にぴったりなのはどの品種??

管理人 Jun7 です。

猫も人間と同じで、
一匹一匹違った性格をしています。

わたしの家の猫ちゃんも、一匹一匹全然性格が違います。
大人しい子もいれば、やんちゃな子もいて、それぞれ違う性格だからこそ可愛いんですよね。

そんな猫ちゃんの性格は毛の色(品種)からもわかることができるんです。
今回は、色別で猫の性格を紹介したいと思います。

白猫

・気が強くて神経質
・つかず離れずの関係を好む
・クールだけど繊細

飼い主さんには甘えたがりですが、プライドが高く、他の猫に対しては攻撃的な子が多いそうです。
白は野生の世界ではよく目立ち、天敵が多いことから
警戒心が強く神経質な傾向
があります。
飼い主さんへの独占欲が強く、他人や他の猫が来た時に相手に敵意を向けることもあります。
オスの場合は社交的でのんびり・マイペースな子が多く、
メスの場合は飼い主以外には敵意を見せる傾向があると言われています。

黒猫

・控えめ
・穏やか
・おっとり

甘えん坊で「にゃあにゃあ」と何かを話しかけてくる子が多いといわれています。
黒色は目立ちにくいためか警戒心が薄い傾向があります。
外見からクールだと思われがちな黒猫ですが、見た目とは裏腹に
実はとても人懐っこく、人間に対しての警戒心が他の猫より低いです。
また動くものに対しての好奇心は黒猫が最も強いといわれています。

灰色(グレー)の猫

・冷静で落ち着きがある
・繊細で神経質
・自分の意志は曲げない

とても繊細な心の持ち主で、物静か。
穏やかな子が多いので、相手が人でも猫でも
コミュニケーションをとるのはうまいですが、
なつくのは心を許した相手だけです。
毛色の通り、黒猫と白猫を足して二で割ったような性格で
寛大な反面、少し内気な一面もあると言われています。
自分からベタベタと引っ付いて行って愛情を示すのは苦手で、
こっそり飼い主を見つめて愛を伝えていたりするようです。

三毛猫


・お嬢様気質
・プライドが高い
・不思議

他の猫に対して攻撃的で、独りになりやすいです。

三毛猫はほとんどがメスで、オスが生まれる確率は3万分の1とされています。
THE・猫!という感じのツンデレな性格の子が多い
です。
純血種なら数千万円、雑種でも数百万円の値が付くといわれているほど希少価値が高いです。
性格はぶちにしま模様があるかないかの2パターンに分かれ、
模様がない子はかなりのお嬢様気質で、模様がある子はお茶目でとっつきやすい性格
です。

ちなみに、私の家にいる三毛猫はぶちにしま模様があるのですが、
確かにお茶目で可愛らしい性格をしています^^

母性本能が強く、一度認めたら最後まで見放さないという優しい一面もあります。

サビ猫

・温和で優しい
・飼い主が大好き
・自己主張をあまりしない
・体が丈夫で長生きしやすい

サビ猫も三毛猫と同じでほとんどがメスですが、お嬢様気質な三毛猫とは違い、穏やかな猫だといわれています。
引っ込み思案な一面もあり、他の人や猫は近寄ってくると隠れる子が多いです。
ただし嫉妬心が激しく、一度すねてしまうとなかなか機嫌が直らないので要注意です。

白黒(黒白)猫

タキシード柄の場合
・面倒見が良い
・温厚で人懐こい
・我慢強い
タフで生命力が強い
・頑固でこだわりが強い

白が多ければ白猫寄りで警戒心が強く
黒が多ければ黒猫寄りで社交的と言われています。

我が家にも、黒白猫はいますが性格はまさしくこの通り!
白に黒ぶちのある猫は、気が強い部分と弱い部分が両極端で、ミステリアスな子が多いです。
じっとゆっくり抱っこさせてくれない子も多く、
膝の上に座ったり下りたりを繰り返すことも。
用心深く冒険はしませんが、自分のテリトリーでは
活発で遊びが好きな子も多いです。

キジトラ


管理人達の猫の紹介でも登場した通り
管理人ヒロコ邸にも2匹のキジトラがいます!
日常生活でよく見かける柄ですね!
この柄の猫は遊び上手で甘え上手。
猫の柄の中で最も「猫っぽい」と言われています。

キジトラの性格は主に2のタイプに分かれています。

警戒心が強く、やんちゃで野性味が強いタイプ
・野性的
・敵対心が強く慎重派
・遊ぶことが大好き
(遊べないと強いストレスを溜めてしまうので遊び時間を大切にしてあげてくださいね)

周りの猫に対しての敵対心を強く持っており、慎重ですが
遊ぶことが大好きなので、たくさん遊んであげましょう。
警戒心と気が強いので心を開いてもらうのは難しいですが、
一度心を開くとベタベタとくっついてくるようになります。


飼い主さん大好きな甘えん坊タイプ

・飼い主のストーカーは当たり前
・膝の上に乗ったり抱っこされるのがだいすき
・甘えたがりで、たくさん話かけてくる

心を許した人には、すぐにじゃれていく甘えたがりさん。
警戒心が少なく、人見知りをあまりしないので初めての人にも慣れやすいです。

管理人ヒロコ邸のキジトラ兄妹も、ゴロンと横になってお腹を見せてくるのは日常茶飯事。

背中に優しく飛び乗り頭にグリグリ顔を擦り付けて、「ニャンニャンニャーン(ママ大好きー愛してるー)と話してくれますよ^^


どちらも活発な性格なので、
お家の中でもしっかりと
運動させてあげることが大切です。

茶トラ
・成長とともに身体が大きくなる
・やんちゃ
・人懐っこい
・細かいことはあまり気にしない

三毛猫やサビ猫とは違いほとんどがオスなので、
活発で甘えん坊な性格の子が多いのが特徴です。

臆病な性格の子も多く、優しくて、少し天然で食いしん坊な一面も。
初対面の人にもすぐに懐くほど人が好きで、
自分の飼い主さんに至っては常にそばを離れなかったりとベタ惚れ状態で、
家に帰ると玄関まで駆け寄ってきてお出迎えしてくれる子もいるようです。
猫が大好きでしつこいくらいに猫にひっつかれたい!という方におすすめです。
平和主義で、他のペットとも友好的に接してくれるので、多頭飼いにも向いています。

まとめ

いかがでしたか?
是非一度自分の飼い猫と照らし合わせてみてくださいね。
こういう性格の子が多いというだけで、
この色の猫はこの性格とは一概には言えませんが、
猫の性格は、遺伝半分、環境半分と言われています。
遺伝で良い性格に生まれても、一度こわい経験をしてしまった場合などは、恐怖心から人見知りになることがあります。
ある程度大人の猫は性格が決まっていることが多いので、
心に傷が残っている猫の場合にはケアが必要な時もあります。
紹介した性格と飼い猫の性格が全然違う!という場合は
その子は遺伝よりも環境で作られた性格が占めていると言えますね。
何より、猫の幸せな生活は飼い主で変わるといっても過言ではありません。
たっぷりと愛情を注いであげることが、一番重要ですね!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする