猫の口が臭い!これって病気??においの原因と予防

管理人 Jun7 です。
飼い猫ちゃんが近付いてきた時に、口から異様なにおいを感じたことはありませんか?
顔をしかめてしまうようなにおいが感じられたら、病院に行くことを考えましょう。
猫の口臭は病気のサインかもしれません。

猫の口臭がきつくなった原因として、主に以下のような理由が考えられます。

 

口腔内の疾患


口の中の雑菌が繁殖し、環境が悪化することで、口臭につながります。
歯石が付着していたり、ウイルス疾患にかかっていたり、疾患を持っている猫は口腔内環境が悪化しやすい傾向にあります。

口内炎

猫の口内炎にはウイルス感染や疾患などと原因がはっきりしているものと原因不明なものがあります。
口内炎による痛みからエサを食べなくなったり、よだれの分泌量が増えるほかに、
口臭がきつくなることも症状のひとつです。

歯周病

口の中に傷ができて炎症を起こしたり、食べ物のカスが口に残ることなどによって、口の中が不衛生であるため細菌が繁殖したりすることで歯周病が起こります。
歯茎からの出血もあり、痛みを伴うため食事不振に陥ります。
口から腐敗臭のような臭いがすることも症状のひとつです。

体内の疾患

体内の疾患が原因で猫の口臭がきつくなることがあります。
内臓機能が低下することで、普通なら排出されたり分解されるはずのものが体の中に残り、溜まっていくことで、異臭を発することがあります。

糖尿病

糖尿病になると、糖をエネルギーとして利用することが難しくなり、その結果ケトン体という物質が作られます。
ケトン体が原因となるケトン臭は、甘酸っぱいにおいであることが特徴です。
糖尿病の症状としては、食べる量や水を飲む量の増加、それに伴う排尿回数の増加があります。

また、加齢とともに糖尿病になるリスクも高まりますので、シニア用フードへの変更をおすすめします。

腎不全

猫は腎不全になりやすい動物です。
体の中で作られた不要なものを正常に排出することができなくなり、強い口臭を生じさせます。
症状としては、食欲不振や排尿回数の増加などがみられます。

巨大結膜症

巨大結膜症は、腸の機能低下により排便が困難になり、結腸に便がたまってしまう気です。
食欲不振がみられたり、排便するために力を入れた瞬間に吐いてしまうといった症状もあります。
長い間便秘が続くことにより、腸管内で細菌の異常繁殖がおこり、その結果口から便の臭いがすることが特徴です。

猫の口臭予防

日頃の猫ちゃんの健康チェックが予防につながります。
歯磨きをしてあげたり、歯石が付いていないか確認したり、きちんと排泄は出来ているか、多飲多尿になっていないか、など定期的に確認してあげましょう。
そのような飼い主の心がけ次第で、猫ちゃんを守ることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする