猫アレルギーでも猫が飼いたい!アレルゲンと軽減させる方法

管理人 Jun7 です。

猫アレルギーなのに、猫を飼いたい・飼ってる人って結構多いんですよね。

わたしも、軽度ではありますが猫アレルギーで、猫ちゃんを触った手で目などを触るとかゆくてかゆくて仕方なかったり、くしゃみが止まらなかったり、喉が凄く痒くてイガイガしてきたり。。
それでもやっぱり猫ちゃんは可愛くて、手放すなんて出来ません!

そんな私と同じように猫好きなのに猫アレルギーという方に向けて、少しでも猫ちゃんとの暮らしを快適にするためのいくつかの方法を紹介したいと思います

専門医師の診察を受ける

もしかしてアレルギー?と思ったら症状が悪化する前に病院に通いましょう。

アレルギー反応を押さえて症状を緩和する薬を処方してくれます。

基本的には症状を一時的に和らげてくれるだけですが、飲み続けることで症状が出なくなったという人も中にはいるようです。

症状が出なくなるとまではいかなくても、確実に改善はされるので、対処法が明確になり飼い続けることへの不安が軽減されますね。

ハウスダストとアレルゲン

ハウスダスト(ほこり)はアレルギーに大きく関係しています。

空気中には目に見えないほこりが大量にあり、それを日常生活の中で知らず知らずにうちに吸い込んでしまい、アレルギー症状を引き起こしている原因となっています。

そしてハウスダストで問題なのが、アレルゲンという物質です。

アレルゲンとはアレルギーの原因となるもので、猫の唾液や皮膚などに含まれています。

それらがフケや抜け毛に付着して空気中に飛び散り、アレルギー症状が出やすくなるといえます。

猫は高いところによく登るので、空気中に猫の毛が漂っていたり、布製のものや部屋の家具などにも毛が付着していることが多いです。

猫の毛はこまめに掃除をすることで取り除けるので、掃除を欠かさず行いましょう

アレルギー対策
〇空気清浄機

猫のいる部屋には置いておいたほうがいいです。

最近ではペット向けのフィルターなども販売されているようで、とても性能の良い清浄機が出てきているようです。

〇掃除

猫の毛は毎日抜けるものなので、1日1回は掃除機をかけるようにしたほうがいいです。

ラグやカーペットにはコロコロなどを使うと細かい毛も取ってくれます。

猫を寝室に入れたり、猫と一緒に寝るという人はコロコロだけでなく1週間に1回布団を洗濯するのが好ましいです。

カーテンにもアレルゲンはたくさん付着しているので定期的な洗濯が必要です。

〇ブラッシング

1日のうちで何度でもいいので、こまめにブラッシングをして抜け毛を取りましょう。

ブラッシングをしている際にも毛は宙を舞っているので、マスクをして行うほうがいいです。

ブラッシングをした後は、手を洗うようにしましょう。

猫アレルギーで猫を飼うにはこのようなことをほぼ毎日行うことになります。

この努力を怠ってしまうと、アレルギーが悪化して

  • 風邪が重症化したり長引いたりしたような症状
  • 皮膚の赤み、痒み、蕁麻疹
  • 激しい咳による呼吸困難
  • アナフィラキシー

などの症状がでる可能性がありますので、十分気を付けるようにしましょう。

このような覚悟なく猫を飼い始めてしまうと、猫を触ることでアレルギー症状がでることから猫との触れ合いが減り、必要最低限しかそばにいてあげなくなってしまったりと猫に寂しい思いをさせたり、自分自身アレルギーのせいで生活に支障をきたしたり、お互いにストレスが溜まってしまう状況になってしまうので、よく考えてから飼うようにしましょう。

関連記事

どうしても猫が飼いたいけど、アレルギーの症状に耐えられるか不安!
という方はこちらの記事もお読みください。

管理人 Jun7 です。 猫が好きなのにアレルギーのせいで猫を飼うことを諦めているという方も少なくないと思います。 ...

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする