猫のパンチにも意味がある!知っておくべき3つの理由

管理人 Jun7 です。

可愛い飼い猫ちゃんが急にパンチをしてくることってありませんか?

わたしの飼い猫ちゃんもいつも、え?!なに?!とびっくりするようなタイミングで猫パンチをお見舞いしてくれます。(笑)

爪を出さずにポンッと叩いてくることもあれば、結構な勢いで叩いてくることもありますよね。

あの猫パンチにはいったいどんな理由が隠されているのか、その理由を探ってみました。


猫ちゃんが猫パンチをするのには主に3つの理由があります。

遊びの猫パンチ

この猫パンチはパンチというよりかは、じゃれてぽんぽんと触っている感じです。

初めてみるおもちゃなどによくこの行為をしていませんか?

これは、攻撃のつもりはほとんどなく、触れることで相手の反応や出方を調べたりしているのです。

目の前のものに興味があるけど触っても大丈夫かな?攻撃してこないかな?と確かめているのです。

特徴として、遊びのときの猫パンチでは
爪を出していません。

パンチというよりは押さえつける、圧力をかけるといった感じに近いです。

特に子猫は好奇心が旺盛なので、動くものにはすぐに反応します。

可愛いからついつい自分の手を差し出しそうになりますが、傷付いてしまうこともありますので、気をつけてくださいね。

不快なときの猫パンチ

・猫を撫でたら気持ちよさそうにしていたから撫で続けたら突然パンチされた。

・くつろいでいる猫を触ろうと手を差し伸べたらパンチされた。

というような経験はありませんか?

猫は自由にマイペースに生きているので、はじめは気持ちよさそうにしていても、途中で満足したのに続けられることを不快に思い、「もうやめて!」という意味でパンチをしてきます。

触られた部分に痛みを感じてパンチをしてくることもありますので、その部分を触られるのを嫌がる様でしたら、一度病院に連れていき、診てもらいましょう。

多頭飼いのお家では、自分の領域に他の猫が入ったことでパンチをすることもあります。

このタイプのパンチでは爪を出してきたり、軽く噛んだりすることもあります。

攻撃するときの猫パンチ

1.獲物を仕留めるための攻撃

猫は本来狩猟をする動物なので頭がよく、獲物を見つけた時などは
初めの一撃で相手を弱らせてから仕留めるために、爪を出して本気の猫パンチをします。

この時の猫パンチの威力はネズミや小鳥を気絶させるほど強いものです。

室内飼いの猫ちゃんでは基本的にこの本気の猫パンチをすることはないようです。

2.猫同士の攻撃

猫は平和主義なので、基本的に争うことを嫌います。

自分のテリトリーに他の猫が入ってきたら、まずは声や態度で「こっちへ来るな」「どこかへ行け」と威嚇をし、意思疎通を図りますが、それでも相手が引き下がろうとしない場合は、猫パンチをするしかありません。

爪を出さずに牽制の攻撃を加えることが多いですが、相手の本気度によっては爪を出してお互いに流血するほどの猫パンチを繰り出します。

室内飼いの猫を外に出すときは、野良猫との争いに巻き込まれる可能性がありますので家に帰ってきたときに怪我をしていないか見てあげましょう。

まとめ

このように猫のパンチにも種類があります。

わたしの飼い猫ちゃんは、わたしが手先を使って何か作業をしているときによく飛び掛かって猫パンチをしてきますが、いつも爪を立てずにぺちっと叩いてくる感じなので、じゃれていただけなんだな、と気付きました。

次からはこのような猫パンチをしてきたら、遊んであげようと思います。

猫を撫でているときでも、途中からやめてほしそうに見えたらやめてあげるのが大事ですね。

撫でている最中に猫ちゃんがしっぽを伸ばしてブンブンと振っていた場合は、不快だという合図なので適度なタイミングで触るのを止めてあげましょう。

しっぽの振り方で分かる猫の気持ちの記事はこちら

関連記事

猫とは会話が出来ません。 だけど、猫の気持ちを「しっぽ」や「鳴き声」でわかることを知っていますか? 猫の気持ちし...

猫ちゃんと上手に付き合っていくためには観察を怠らず
猫ちゃんの気持ちを察してあげられるようになりましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする