招き猫の由来って?右手と左手では意味が違うの?

管理人 Jun7 です。

招き猫ってものによって挙げてる手が違ったり、
手を挙げてる高さが違ったり、色が違ったりしますよね。

招き猫を買おうと思っているのに、どの招き猫が自分に最適なのかわからない!なんて人もいると思います。

そんな人たちのために、
招き猫を種類別にまとめてみました。

そもそも招き猫って何なの?

招き猫は縁起ある置物で、「福を招く」といわれています。
現在では、榛名湖や榛名神社が有名な群馬県高崎市
岩屋堂公園が有名な愛知県瀬戸市
巨大な招き猫「とこにゃん」が有名な愛知県常滑市などで多く作られていて、
オーソドックスな陶器製のもののほかに、張り子の技法で作られたものや
プラスチック製のものなどがあります。
商売繁盛を願って店先に置いてあることが多いですね。

招き猫の由来

招き猫の由来といわれているものは実はいくつかあって、本当のところはわからないのですが
由来と言われているものの中でも有力な3つのお話を紹介しようと思います。

豪徳寺(ごうとくじ)の招き猫

江戸時代のある日、豪徳寺の前を通りかかった井伊直孝の目に、寺の前で手招きをしている猫の姿が映りました。
その手招きに誘われるように直孝が寺に入った瞬間、
外は激しい雷雨に…
雨が止むまでの間、和尚が直孝に色々な話を聞かせてくれました。少しも雨に濡れなかったうえに和尚に清高な話をたくさん聞かせてもらえたことに非常に満足した直孝は、
豪徳寺を直孝の菩提寺(ぼだいじ)とし、驚くほどの寄付をしてくれました。
その結果、豪徳寺は見事繁栄することができ、
全ては直孝を招いてくれた猫のおかげだと、
和尚は猫の死後、感謝の気持ちを込めて墓をたて丁重に弔ったそうです。
その後、その猫が手招きしている姿をまねた"招福猫児(まねぎねこ)"がつくられるようになったというのです。

今戸焼(いまどやき)の招き猫

江戸時代の浅草に一人の老婆が住んでいました。
老婆は猫を飼っていましたが、貧しさのあまり飼い続けることが困難になり、ついには手放してしまいました。
ある晩、夢枕にその猫が現れ「私の姿をかたどった人形を作って売れば福徳を授かることができるでしょう」とお告げをしてくれました。後日、その猫の姿をした今戸焼きの人形をつくり売ったところ大繁盛することができました。
この人形を"丸〆猫(まるしめねこ)"と呼び、丸〆猫の背中の下の方には、○の中に〆と彫られた陽刻があり、「福徳や金銭を丸く勢〆ると」という意味を持ちます。

自性院(じしょういん)の招き猫

太田道灌(おおたどうかん)〈室町時代後期の武将〉が、
戦いで苦しい状況へと追い込まれ、さ迷っていたところ、一匹の猫が現れ手招きをしてきました。そしてその手招きに導かれるように歩くと自性院へ辿り着きました。
このことをきっかけに情勢を覆すことができた道灌は自性院と導いてくれた猫に感謝をし、この猫の姿をした地蔵菩薩を自性院に奉納しました。
後に、この猫地蔵尊をもとにつくられたのが招き猫です。

挙げている手によって違いはあるの?
招き猫は必ずしもみんな同じ手を挙げているわけではありません。
右手を挙げているものや左手を挙げているもの、両手を挙げているものもあります。
そして、それぞれによって持つご利益も変わってくるようです。

右手を挙げている招き猫

オス♂
財産・幸福・福を招く等といわれています。
この場合の"福"はお金として考えられ「金運招来」の招き猫とされ、神社やお寺でもよくつかわれています。
財力を高め円満な家庭に導く、神様の使い
というような説もあるとか。

左手を挙げている招き猫

メス♀
人(客)を招く、人徳を授かる等といわれることから
「千客万来」の招き猫とされています。
京都では昔、"メスが人を招く"ことから"夜の商売"
といった意味合いでも使われていたそうです。

両手を挙げている招き猫

「金運招来」と「千客万来」の両方の意味を持っているとされています。
昔はこのように両手を挙げた招き猫はつくられておらず、つくられるようになったのは近年です。
嬉しい時や物事がうまくいったときにも、両手を挙げてバンザーイ!としますが、もう降参するしかない、お手上げだ~。というときにも両手を挙げますよね。
人によっていろんな捉え方がありますが、両方の意味を持つなんて一石二鳥じゃないか!とポジティブに考える人もいる反面、欲張りすぎてお手上げになってしまうのでは…とネガティブに考える人も多いようです。

招き猫は何色がいいの?招き猫の色別の意味
白(三毛):福を招く
黒:魔除け・厄除け・幸福
赤:病除け
金:金運を招く
橙:仕事運の向上
緑:家内安全・交通安全
青:学業向上
ピンク:良縁を招く
紫:労力を上げる
豹柄:票を招く(選挙)

このように、色によっても意味が全然違うんです。
その人によって、必要とするご利益は違ってきますが、一般的には
白(三毛)のオス(右手を挙げている猫)が一番ご利益がある
といわれているようです。
その理由というのが、なんと
三毛猫はほとんどがメスで、オスは1/30000の確率でしか産まれてこないというものです。
その珍しさから、オスの三毛猫は幸運をもたらせてくれると昔から信じられてきたのです。
このような理由から、招き猫でも三毛猫が良いとされているようです。

手の高さのよる意味

招き猫は挙げている手だけではなく、挙げている手の高さでも違った意味があります。

手を高くあげている:遠くの福を呼び寄せる
手を低くあげている:近くの福を呼び寄せる

確かに人間でも、遠くの人を呼ぶときには手を高く挙げてぶんぶん手を振りますよね。
ですが逆に近くの人を呼ぶときにはそのような振り方はせず、小さくちょいちょいと手招きをしますよね。

上記の話以外にも、招き猫は本当なら、神棚の下に、いろいろな縁起物を置くための棚をつくり、そこに他の縁起物と一緒に置くのが望ましいといわれているんです。

でも実際そんなものがある家は少ないでしょうから、お店などでもレジの横に置いてあったりしますよね。望ましい場所に置けなくても、毎日お祈りしたり、綺麗に保つことで十分な効果を得られると思います。
大事なのは招き猫に対する扱いだとわたしは思っています。

このようなことを踏まえたうえで、
自分に最もあった招き猫をゲットしましょう♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする