猫はみんな猫草が好きなの?体に良いの?猫草の効果と猫に危険な植物

みなさんの猫ちゃんは、猫草は好きですか?

我が家の猫たちは、猫草が大好きで購入してきた猫草を見た瞬間大興奮します。

これまで、猫は「肉食動物」だと連呼してきたのですが
なぜ肉食動物の猫が、この「猫草」を好んで食べるのでしょうか。

【ネコ草とは】

ネコが好んで食す草の総称。

つまり、1種類の草を「ネコ草」と言っているのではなくネコが好んで食べる草のこと。

猫はイネ科の背の低い草を好み、猫草として販売される物の多くは燕麦(エンバク)エノコログサ(猫じゃらし)であることが多く、ペットショップやホームセンターなどで発芽済みで発売されているほか、栽培キットなども販売されています。

ネコによって好みがあり、この草を食べないネコもいるようですが
食べないからといって、何の問題も害もありません。

逆に、草を好んで食べるネコにとって外の世界は危険もいっぱい。

人間にとって無害な草であっても、ネコにとって害になる草は700種類もあるので注意が必要です。

【何で食べるの?】

では、肉食動物のネコがなぜ草を好んで食べるの?

疑問に思う方も多いでしょう。

これについては、明確な理由は解明されていないようです。

猫が猫草を食べる理由としてあげられているのは??

1・毛玉を吐くため
2・嗜好品
3・ビタミン摂取
4・便秘予防のため

とはいえ、このいずれの理由も猫草を食べたからといって改善できるとは限りません。

【お勧めしない獣医師さんも】

ネコはネコ草が好き。

そしてネコ草は必要!そう思っている飼い主さんも多いかもしれませんが、お勧めしない獣医師さんもいます。

ネコは、そもそも植物を消化できないと言われているため、ネコ草を多く口にすることで、消化できないネコ草が原因で嘔吐を繰り返し食道が傷ついてしまったり、喉の粘膜や胃に傷をつけてしまうという先生もいます。

何事もほどほどに。
ネコが好んで食べる姿は、飼い主にとっては嬉しく思えてなりませんが
頻繁にあげて逆効果という場合もあるので、どうしてもあげたい!という場合は
おやつ感覚でたまにあげるのが良いですね。

【お家でも気をつけて!!猫に危険な植物】

先にも述べた通り、猫にとって有害となる植物は700種類もあると言われています。

身近な植物で言えば、紫陽花やユリ科の植物。

目に入れば失明や、口にすれば嘔吐、下痢、沈鬱、脱水症状、尿細管変性、腎臓障害、呼吸困難、手足のしびれ、皮膚の知覚減退、循環不全、中枢全身麻痺、最悪の場合、死に至ることもある有害・有毒な植物が沢山あることを忘れてはいけません。

完全室内飼育の我が家の猫たちは、普段植物に触れることがないのですが、猫草だけではなく、観葉植物やお花にも異常な興味を示します。

可愛いお花や観葉植物・多肉植物を部屋に飾りたい!と思うこともあるのですが
猫にとって有害・有毒になる植物があることを知り、
植物を家に持ち込むことは一度もありませんでした。

【観葉植物を飾りたい!】

どうしても、飾りたい!という場合にお勧めできる植物もあります。

・パキラ
・サンセベリア(トラノオ)
・エバーフレッシュ
・アレカヤシ
・ベビーティアーズ

ですが、このどの植物たちも猫にとって完全に安全な植物ではないと言われています。

葉に毒性がなくても種に毒性がある。

または木や芽に毒性がある、という場合も。

管理人のお勧めは、最近クオリティの高くなっている造花や、フェイクの観葉植物たち。

これなら人も猫も安心安全に快適に暮らせるでしょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする