猫の息が荒い!病気?生理的?原因と対処法

猫が犬のような息遣いをしているのを見たことはありますか?

猫は本来、口呼吸しない動物です。

口呼吸をした時には何かしらの原因や大きな病気が隠れていることも!

管理人は、最近初めて飼い猫カールが口呼吸をし
まるで暑い日のワンちゃんのような姿を見ました。

そんな経験から、猫の口呼吸について調べたのでご紹介します。

【猫がハァハァ口呼吸!!見たことありますか?】

トップでご紹介したYouTubeでは可愛いワンちゃんが
たっぷり遊んでハアハア言っているご様子でしたが
こちらは、猫ちゃんの口呼吸。

私も先日、飼い猫が動画の猫ちゃんのように
口呼吸するところを見て驚いてしまったのですが
この口呼吸、いろいろ理由があるそうです。

【猫は本来、鼻呼吸する動物!】

猫は、本来口呼吸をすることはありません。

では、一体なぜ猫の口呼吸は起こるのでしょうか??

猫の口呼吸、正しくは「開口呼吸」には生理的なもの、
そして病的なものの2つに分かれています。

【生理的な開口呼吸】
・激しい運動後
・暑い夏の日
・手術後や怪我などによる激しい疼痛
・興奮や極度のストレス・不安
・車酔い
【病的な開口呼吸】
・発熱
・熱中症
・鼻の病気
・肺の病気
・心臓の病気
・気管や気管支の病気(関連記事 猫の病気

生理的・病的2つに分かれる開口呼吸の原因。

生理的なことだと安心できることもありますが
異変を見逃してしまったり、大丈夫だろう!
と安易に考えてしまうのは危険!

重大な病気が隠れている場合もあることを忘れないで!

【病院へ行くタイミング】

愛する猫が、開口呼吸になったら慌ててすぐに病院へ行かなくちゃ!となりそうですが
まず、そのシチュエーションを冷静に考えてみましょう!!

例えば、暑い部屋の中で猫が開口呼吸をしていたら。

窓を開けたり、エアコンをつけてあげるなど改善してみましょう。
それでも、開口呼吸が続くようでしたら熱中症の可能性があるので病院へ。

管理人は、以前車好きの猫ちゃんと一緒に買い物へ出かけた際に、突然、開口呼吸とともに大量のよだれを流し大慌てしたことがあります。

すぐに自宅に戻り、少し休ませるとすっかり元に戻り、車酔いが原因だったことがわかりました。

このように、開口呼吸する原因が見つけられない場合や
よだれが大量に出ている!開口呼吸が長く続いている場合は
重大な病気が潜んでいることも!!

急性の呼吸困難などの場合、
重症であることが多いと言われています。

必ず病院へ連れて行って診てもらいましょう。

【我が家の開口呼吸にまつわる出来事】

先日のこと。
近所の子供が「猫が外におるでー!!」と家に来てくれました。

「猫ってどこの猫?」
うちの近所にいた野良猫はほぼ保護・手術を済ませ里親の元へ巣立ったので、野良猫は本当に見かけません。
(関連記事:地域猫猫が嫌い避妊・去勢手術

どこの猫よ!!と外に出てみると
なんとそこには我が家の飼い猫 カールの姿が!!!!

(関連記事【猫脱走】)でも
万が一飼い猫が脱走しても、追いかけない・大きな声を出さない・などと散々書いてきた管理人ですが、慌ててしまうのをぐっとこらえるのはとても大変でした!!

気分良く脱走したものの、脱走したことにパニックになっているのはカール本人。

私に威嚇をしたことも、遊び以外で猫パンチをしてくることもなかったカールが、近づいていく私に本気で威嚇をしているのです!!(ショック。。)

落ち着いて優しく声をかけ、隙を見て抱っこ。
無事に保護することができたのでした。

改めて、慌てない大きな声を出さない走って追いかけたりしない!などが大切だということがわかりました。

家路に着くなり安心したのか冷静になったのか・・・
パニックに陥っていたカールは
まるでワンちゃんが興奮しているかのように
口を開き舌を出し「ハアハア」言いながらウロウロ。

これは、先ほど紹介した生理的な開口呼吸。
初めて見た姿に、どうしたの?病気?と心配になりましたが
興奮し、不安に襲われたために起こったものだと分かり安心したのでした。

開口呼吸についてご紹介しましたがいかがでしたか?

最後に、この開口呼吸について調べていると見つけた動画をご紹介します。

こちらの猫ちゃんは、鼻呼吸をしているのですが
鼻を膨らませながら、浅い呼吸を繰り返しています。

そして、この動画を撮影した2日後に肺水腫でお亡くなりになられたそうです。

この時飼い主さんは、まさか二日後に愛猫ちゃんが亡くなるだなんて考えてもいなかったことでしょう。
少し息が強いだけだと思っていたこの呼吸を見逃さずに1匹でも多くの猫ちゃんが
同じようなことにならないようにとの想いで、アップされていた動画でした。

開口呼吸をしていないから安心!

ではなく、鼻呼吸をしていても、
この動画の猫ちゃんのような呼吸には注意してあげてくださいね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする